ライフプラン

今できること

将来不安を解消できる
ビジネスモデル

厚生労働省は公務員以外の企業の副業・兼業を認めることを発表しています。

今現在では公務員の数団体でも副業を認めているようです。

近いうち全公務員自体が副業も解禁になることでしょう。

言い換えれば将来のことは自らで「自助努力」しなければならないということでしょう。

これからの時代は、自助努力して将来のための安心を確保しないといけないのです。

老後等を含め将来不安の解消には繋がらないのだということです。

近年グローバルIT化が進み様々なビジネスモデルが確立してきています。

さらに近い将来AI(人工知能)の普及、IoT化で人の役割が要らなくなり、様々な仕事が無くなる業種も出てくるとも言われます。

また独立をしようと起業しても5年後には80%が廃業、10年後には起業した6%しか存続に至らないと言われてもいます。

このような時代の中、今の収入の柱だけでこの先安泰と言えるのでしょうか。

柔軟な対応力

グローバル化する
激動の時代を乗り切る手段

一流といわれる大学を卒業しそして大企業に就職できれば安定した人生が待っている。

はたしてそうでしょうか。

もうそのような時代はもう終わったように思えます。

大学出て企業に就職し正社員として一生懸命に働いても生活に困まる暮らしをしている人が急増しているようです。

会社に属してただ働くだけでは人生が豊かになれないそんな時代に突入しているのではないでしょうか。

社会的弱者、経済的弱者になりうるかもしれません。

その時代の波を知りそして乗りこなすことが求められています。

激動の時代だからこそ、人生を豊かに過ごすための知恵と行動が必要ではないでしょうか。

それを保ち合わせれば人生を豊かにする選択肢が広がっていくことでしょう。

働き方を変える
ビジネスモデルについて
さらに詳しい情報は
生活計画のサイトへ